課題解決事例

販売用包装フィルムの水滴防止

提案業界 農畜産物・水産物卸売業
トラブル内容 水滴防止・意匠性向上
対象物 加工食品(練り製品)の販売用包装フィルム

お客様の課題・お困りごと

新規開発商品を販売する際、あえて中身を見せたいためフィルムに対して全面印刷するのではなく、印刷無し部分を作り中身が見えるようしたいとのご相談でした。
ご依頼の通り設計しようとすると、商品の含有水分率が高いためフィルムに水滴が溜まり曇ってしまうという課題が発生し、商品が見にくい状態でございました。

当社のご提案内容

印刷無し部分はしっかりと確保しつつ、食品と直触れする内面のフィルムを水滴防止フィルムに変更することで、水滴の付着及び曇りを防ぐようご提案いたしました。

提案ポイントとお客様のご感想

結果、テスト評価も良好で、商品化が決定。
商品の意匠性を保ちつつ、包装内が曇りにくい包装を実現することができました。

お問合せ・ご相談
サンプル申し込みはこちら

簡単1分 メルマガ会員
募集中
登録はこちら